FILE NO.501 : 12/July/2000 そごう


スポンサーリンク

そごう、事実上の倒産である。百貨店業界自体すでに勝ち組と負け組がはっきりしてきており、負け組であったそごうの倒産は至極当然のこと。百貨店業界の将来はかなり暗く、公的資金を導入して救うことに全く意味はない。潰れて当然の会社が潰れるのは、競争の厳しい経済界では自然の理。それを人為的に正そうとすることは、異常なことと言えるだろう。

5年後、10年後、この業界が存在していることすら怪しい。

20131106追記:デパート業界はまだ潰れていないが、勝ち組と負け組の格差は広がっている。

最近、デパートを見直す機会が増えた。デフレが進んだ結果、スーパーと同じ値段で品質の良いモノが買えるようになったからだ。もちろん高いモノは高い。しかし、肉や魚、僕の場合は特に魚だが、はスーパーと同じ値段で良いモノが買える。まぐろの切り落としをづけにして食べることが多いのだが、500円程度でスーパーより品質の良いまぐろが手に入るようになったのでちょくちょくデパートを利用するようになった。

広告を非表示にする