参:フリーズする店員


スポンサーリンク

セブンイレブンで157円の買い物をしたので、5円のお釣りを期待し162円を出す。すると店員がいきなりフリーズしてしまった。こういう時は、「お釣りは5円ですよ。」とでも言うべきだろうか。しかし、相手を小ばかにした印象を与えるのも嫌だったので、店員の知能が動き出すのを待つ。その瞬間わずか10秒という短さだったが、いやに長く感じられた。あぁ、初めから160円出して素直に3円のお釣りを貰っておくべきだった・・・。

さてこんな時KIWI(ニュージーランド人)だったらどうするか?彼等は相手の都合など考えていられない、とでも言うかのように2円をそのまま突き返し、3円のお釣りをよこす。そこには自らの計算能力の低さを露呈する隙もみせない完璧さがある。こんな剛胆な人をボクはカリスマ店員と呼ぶ。

広告を非表示にする