Windows XP Professional


スポンサーリンク

続き。

第六章

Windows XP Professionalステップアップグレード版を購入した。ヤマダで12800円のものが、コジマでは11800円だったので即決してしまう。*1新規インストールできるということなので、Eclipsに試してみよう。

第七章

早速家に帰りインストールを開始。

MSサイトからダウンロードした6枚の起動ディスクを読み込ませセットアップを開始する。ところが、要求されたCDはHomeEditionであった。「やってもうたぁ」。そう、Professional用の起動ディスクでセットアップしなければダメなのだ。そこで再度MSのサイトへ行き、6枚のディスクにダウンロード開始。

気を取り直して。

同じ手順で6枚のディスクを読み込ませる。今度はちゃんとProfessinalのCDを要求してきた。CDを投入しセットアップを開始する。そしてどの領域にセットアップするか、という画面が出てきた時点でストップせざるを得なくなる。何と、未使用領域が無いのだ。これがHomeEditionのセットアップに失敗した最大の原因だったので、実は少し予期していたのだが、やっぱりがっかりしてしまった。仕方なくHDDを取り外し、富士通デスクトップに繋げてみる。するとMeでは認識するのだが、XPでは認識してくれない。というか、デバイスマネージャで認識しているのだが、マイコンピュータ上では表示されないのだ。これでXPのディスク管理からも完全にフォーマットできないことを思い知らされる。

一体どうしたらいいの?、そんな風に途方に暮れていると、ローレベルフォーマットという見慣れない言葉が目に飛び込んできた。Yahooで検索をかけると、HDDを完全に元の状態にまで戻すという最終手段であることがわかった。そこで、どうすればいいのかと、検索作業を続けていくと、MAXTORのMAX BLASTというソフトを使って、ローレベルフォーマットできることを知る。そこで、MAXTORのサイトへ行き、MaxBlast Plus IIというソフトをダウンロードしてみる。サイトの説明ではダウンロードしたEXEファイルをダブルクリックすれば自動的にフォーマット済みのFDにブータブルディスクを作成してくれる、と書いてあったのだが、実行しても変化なし。というか、MS-DOSプロンプトが立ち上がりブルーの長方形がただ現れるだけでストップしてしまった。ダウンロードに失敗したのか、と思い再度ソフトを落とし実行してみるも結果は同じ。

再びネットを彷徨い情報収集。。

ようやく設定方法の記載されたサイトにたどり着く。すると、DOSはUSモードにしなければダメとのこと。なんだUSモードって?

とにもかくにも、サイトの手順通りに実行してみると、やっとFDに記録してくれた。良かった、良かった、と一安心。

さて、そのブータブルFDを使いコンピューターを起動させると、MAX BLASTの画面が現れ、何とか読み込みに成功した。ところが、いざ進んでいってもローレベルフォーマットの項目が見当たらないではないか。またまたネットを彷徨うことになり、次に発見したのがMAXPOWERというソフト。これこそ求めていたソフト、らしい。早速EXEファイルをダブルクリックしてプログラムを解凍、FDに必要なファイルをコピー。

MAXPOWERのFDを入れて起動してみたものの、読み込むことはなし。もう訳がわからない。

そこで、MAX BLASTを起動、読み込まず失敗、そのままドスモードへ。

A:>となったので、MAXPOWER FDを投入し、ドスプロンプトを入力。そこでようやく起動に成功。長い旅路の果て、ようやくローレベルフォーマットにこぎつけた。手順に従い、HDDのフォーマットを開始。これがすぐ終わるだろう、と思っていたら、何と一時間半経っても半分に満たない進捗状況。もう疲れ果てたので、寝ることにする。3時30分のことであった。

8時半起床。PC画面を見ると、フォーマットが終了していた。YESを押し、PCの電源を落とす。

それから、XPpro用のセットアップディスクを使い、インストール開始。ここで初めて、HDDに未使用領域が出現した。今まではこの画面になってもHDDを選択できずインストールにこぎつけることさえ出来なかったのだ。

未使用領域を3つに区切る。Cドライブにインストール。

一時間後。

ついにXPのインストール作業が終了。

ここで四日間に渡るショップオリジナルパソコンのセットアップが完全に終了。

以上、長々とお読みくださり、ありがとうございました。


*1:最近、買おうと思って店に行くと意外に安かったので買ってしまうというケースが多い。春は衝動買いの季節です。

広告を非表示にする