「TOSHIBA RD-XS40」使用感


スポンサーリンク

最高!と言えるほど使いこなしてませんが、やっぱり無駄にでかいだけのVHSテープと決別できるというだけで最高です。

追っかけ再生ができる

この機能はとても良いです。というのも、僕はレンタルしてきた映画をダビングして後で楽しむことが多いんだけど、たまにダビングしながら観ることがあります。DVD→VHSの場合当然ながらダビング中に一時停止できるはずもなく、一旦席を外すとそれっきり鑑賞を中止せざるを得なくなります。ところが。この追っかけ再生機能があることで、録画しながら録画しているものを再生できるので、今まで観ていた映画を途中からでも観ることができるのです。

チャプター分割機能

この機能のおかげで無駄なCMをがしがしと切り捨てることができる。昔からCMが挟まれるのがとても嫌いで、ダビング時は常にCMカットで保存するほどの徹底ぶりでした。しかし、ビデオテープの扱いにくさからなかなか完全カットするほどの気力もありませんでした。だからチャプター分割機能があることで、数分の作業でCMカットできるというのは大変嬉しいのです。

DVD-R録画はまだ試していないので何とも言えませんが、今までテープにダビングしてオーストラリア在の友人に送っていた日本のテレビ番組を、Rに焼いて送ってみたいと思ってます。もし現地のDVDデッキで読み取ることができれば、今後は全てRで送ることが可能になるので空輸費も安くなるし大変便利になるでしょう。一枚100円程度まで下がってきたDVD-Rは、今でもRAM、RWの6倍のシェアを占めているそうですが、今後記録用メディアとしてRのシェアは急激に加速していくことでしょう。

広告を非表示にする