2003.03.14 有楽町銀座→築地→東京駅→丸ビル→秋葉原


スポンサーリンク

気が向いたので、RD-XS40のメール予約設定をする。またまたネットで情報収集。POPとSMTPのところは、英語ではなくIPアドレスの数字を入力することでメール予約ができるようになった。実際メール予約をテストしてみると、ちゃんとできました。こりゃまたまた便利な機能だわ。

徹夜明け、松屋へ行き牛めしセットを食べる。なんだか元気のない兄ちゃんバイトがいて、もう片方が一生懸命声だしてました。僕は声を出せばいい、みたいな体育会系のノリが大っ嫌いなんだけど、その兄ちゃん見てると、客商売してて声が全然出せないなら松屋なんかの声出して何ボの世界で働かずに黙々と現場仕事でもしてろよ、と思ってしまいました。

牛めしセットはなかなかでした。ちなみに松屋では生野菜にフレンチドレッシングをかけて食べるのが好きです。

有楽町銀座へ

2011052310454920110523104550有楽町銀座へ。

日産ギャラリーでスカイラインとZの写真を撮る。好きな車ではないけど、被写体にはもってこいなので練習してみました。

20110523104551銀座のアイコンとして有名な時計台を撮りまして、せっかくなのでそのまま歩いて築地市場へ。

築地へ

場外へはちょくちょく行っているのだけど、実は場内へ入るのは初めてでして、なんというか独特の雰囲気に少し圧倒されてしまいました。20110523104552

ちょこまかと見て回りながら、もうお昼どきだったので、何度も何度もテレビや雑誌で取り上げられている有名カレー店で昼食をとることにしました。ここのカレーは、キャベツと一緒に食べるらしいのですが、なかなかです。すごく美味しいわけではないけど、何だかまた食べたくなる懐かしのカレーでした。

東京駅と丸ビルへ

20110523104554朝、何気なくつけたテレビで東京駅の特集を放映していて、無性に東京駅へ行ってみたくなり、築地から有楽町を経由し、徒歩で東京駅まで移動。

丸の内出口で写真撮影。20110523104553

東京駅へ行ったので、ついでに丸ビルにも立ち寄ってみました。

36階まで上がり、レストランやカフェの並んでいるフロアーを一通り見回ってみる。そこで撮れたのが右下の写真。近未来的な空間は写真撮影にはなかなか良いですね。20110523104555

さて。丸ビルを見ていると日本は本当に不景気なのだろうかと不安になってくるほどで、まさしくバブルの再来、と言えるような豪華絢爛なフロアーに唖然としてしまいました。レストランやカフェの価格設定はバブル期のようだし、客単価も非常に高いのでしょう。しかし、この不景気の折、一体誰がこのような高価なレストランで食事をしているのだろうか、と不思議に思ったのですが、それでも中には満席で店に入れない人が列を作っているお店もあったりして、不景気日本とは思えない風景がそこにはありました。

で、ここにはどんな人が集まっているかというと、いわゆるファッションセンスのかけらもないようなおばさん軍団が多勢で攻め込んできています。確かに丸の内OLもいますが、ぶらぶらしているのはそうした暇を持て余したお年寄りばかり。つまり、観光名所の一つとしてうまく機能していると思うけど、全国各地でばたばたと倒産しているテーマパークのように最初だけ、という厭な予感がします。

実際報道されているように、採算が採れているのか、というのは疑問です。一度行けば十分というリピーターをつかめきれていない、という評価が大半を占めているようなので、現実と報道には少し温度差があるようです。

おしゃれな街丸の内でお買い物、というイメージは果たして浸透するのでしょうか。

秋葉原へ

秋葉原をぶらぶらする。先日買った台湾製のDVD-Rメディアが安かったら買おうと思ったのだけど、この間の価格より安いところは発見できず。

しかし、秋葉原という街はやっぱり週末に行くのが良い。平日だと普通に活気はあるものの、露天商などが立ち並んで、路地裏が人々で溢れるくらいの方が良い。これは、新宿などとは違っている。新宿などはむしろ平日の方が人が少なくて、ゆっくり買い物したり、カフェでゆったりできるので良い。

広告を非表示にする