マクロフリープレイヤー死亡。


スポンサーリンク

朝起きて、ぽすれんへDVDを返却するため、プレイヤーに入れっぱなしにしておいたディスクを取り出そうとすると、開閉ボタンが応答しなくなっていました・・・。何度も電源を切ったり入れたりを繰り返し、取り出そうと試みるも、全く反応がありません。もうダメだ、とTime of Deathのコールをしました。

とにかくディスクを取り出さないといけないので、プレイヤーを分解し、ディスクの取り出しを敢行。ディスクを取り出しても、開閉ボタンが無反応でしたので、二度目のT.O.D.コールを。

中国製のTEKNOSという訳のわからないメーカーものにも関わらず、大体2〜3年も持ち堪えてくれたので、半年強で死亡したiBookと比べたら、お疲れ様、と言いたいです。

しかしマクロフリーのプレイヤーがないと困るので、早速ネットで調査開始。するとドンキで販売中の、SCITEC:DVP-500PROXというのがコマンド入力するだけでマクロ、リージョンフリー共に可能とのことだったので、すぐさまドンキに向かい、現物を確認し、購入してきました。

家に戻り、リモコン操作をピピッとし、試しに「死ぬまでにしたい10のこと」のダビングを開始すると、マクロビジョンの検出をせずにダビングできました。

素晴らしい。

広告を非表示にする