牛角の不味さ


スポンサーリンク

牛角が店舗展開を一生懸命していた初期の頃一度食べて以来久々に食べてみたのだが・・・。

不味い。

牛角って、こんなに不味かったっけ?と思うくらい酷い代物だった。なんと言っても一日五食限定という牛角で一番旨いと思われる上カルビでさえ、まるで犬の餌用に使うような牛肉であったのには参った。タン塩はハムのように薄く、色も赤から黒に変色していた。ぎあらはくちゃくちゃと噛み続けるためだけに存在しているような肉で、旨味が全くなかった。

以前通っていた焼肉屋が営業を止めたので、仕方なく牛角へ行ったのだけど、もう二度と行かない。

広告を非表示にする