読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋刀魚の歌


スポンサーリンク

さんま、さんま、
そが上に青き蜜柑の酸をしたたらせて
さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。

佐藤春夫の手による詩「秋刀魚の歌」は、とにかく美しいのです。

広告を非表示にする