『鉄鼠の檻』


スポンサーリンク

鉄鼠の檻(1)【電子百鬼夜行】

鉄鼠の檻(1)【電子百鬼夜行】

鉄鼠の檻(2)【電子百鬼夜行】

鉄鼠の檻(2)【電子百鬼夜行】


読了。


無駄に長い。


活字中毒者にとってみたら、ただ文字の羅列を軽快に読み進むことができるだけで幸せなので、京極作品は頭を使わないでただただ一心不乱に読み流したい気分の時にはオススメである。


この作品は京極夏彦が、禅、に関しての知識をひけらかしたいがためだけに描かれた、と言っても過言ではない。だから禅に関する知識のない人間には読むのがただただ苦痛でしかないと思われる。ミステリ小説として期待するのは止めた方が良い。


姑獲鳥の夏」を丁度読んだばかりだったので、同じキャラクターの再登場に好感を抱く。ただ、「魍魎の匣」、「凶骨の夢」が未読だったので楽しめない箇所もいくつかあった。


注:魍魎の匣は一度読んだことがあるが、その内容は漠然としか覚えていないので、現在再読中です。



文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)

文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)

広告を非表示にする