ミクシィストップ安


スポンサーリンク

しつこくミクシィ利用規約改定問題について。

ミクシィ---モルガンでは「Underweight-V」に格下げ

モルガンでは投資判断を「Equal−weight−V」から「Underweight−V」、目標株価を 85万円から60万円にそれぞれ引き下げたようだ。純増会員数やPVのモメンタムのピークアウトに加え、PCからモバイルへの急速なシフトがPV単価の低下や販売手数料率の上昇などミックスの悪化をもたらす可能性が高いとしている。《TE》

ミクシィの株価下落が止まらない。

利用規約の改訂に端を発したミクシィ著作権騒動が株価に与えた影響はそれほど大きくはないかもしれない。しかしとても良いタイミングでミクシィ株がストップ安となり、今回の騒動はユーザー側が正しいという判断を市場にされたように思えてならない。

例えば、日記を商品化します、なんてことは自分の日記に関しては先ずあり得ないと思うのでどうでもいい。オーストラリアのきれいな写真がいっぱいあったのでそれらを無断使用されたら困るけど・・・。

僕が問題視しているのは、ミクシィのお前の物は俺の物、俺の物も俺の物というジャイアニズム宣言だ。また問題の利用規約は撤回せず、言い訳に終始しているミクシィ運営側の危機管理の不味さにも不信感を覚えている。とにかくこれまでの対応全てが上場企業のすることではない以上、ミクシィをこれまで通り信頼して個人情報を預けておくことはできない思うのは当然のことであり、自己防衛手段でもある。

広告を非表示にする