【視聴履歴】 『降霊』


スポンサーリンク

何度も言うが黒沢清は天才である。

ホラー映画を撮らせたら恐らく世界でも一、二を争う実力を持った監督だ。

さて、細かい点、というかどう考えてもおかしい点。

役所広司が富士山で生音を録ってるシーン。誘拐犯に追われる少女が置いてある道具箱の中に隠れて難を逃れるというシーンがある。はて、役所広司はその道具箱から何かを出したはず。でなければフタが空いているはずはないし、そもそも外に転がっているのも変だ。つまり少女が隠れた後、役所広司が何かをしまうはずなのに、空箱をそのまま車に積んで帰ってしまう。しかもその箱を駐車場の床に起きっぱなしにしてしまう。この中身を一切確認しないシーンが物語を台無しにしてしまったと言っても過言ではない。最高の評価を与えたくなるくらいの空気感があるにも関わらず、この矛盾が気になって☆☆☆とした。

とうとつなラストシーンのきたろうのセリフ回しが下手すぎて、ああここで失敗してしまったらダメじゃないかと思った。

降霊 ~KOUREI~ [DVD]

降霊 ~KOUREI~ [DVD]

広告を非表示にする