読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【視聴履歴】 『 アイ・アム・レジェンド』

☆☆★★★ 銀幕 約140文字感想

スポンサーリンク

ゾンビかあ・・・。なんか新しい世界が広がっているのかと期待してたのにがっかりだよ。

日の光、つまり紫外線を浴びたら死んでしまうゾンビなんですが、ニューヨークのような大都会であれば日陰はいくらでもあるはずなので街中にゾンビがいてもおかしくないと思う。

しかし途中からネヴィルと同じような罠を仕掛けるゾンビが出てきて興醒めする。頭が良いゾンビって、ある意味反則です。


ロバート・ネビルは優れた科学者だが、彼でさえ、その恐ろしいウイルスを食い止めるすべを知らなかった。なぜか免疫があったネビルは、荒れ果てたニューヨークで――あるいは世界で――ただ1人生き残っている。地球最後の男に、希望はあるのか。 Rating G (C) 2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]

アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]

広告を非表示にする