読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不良債権化したソフトバンク携帯

digital

スポンサーリンク

8月にauからSoftbankにMNPし、二年の割賦契約を結んだ923SHが不良債権と化してしまい困っている。その理由はauの新規加入促進キャンペーンである。今月末までに新規もしくはMNPでauに加入すると月々の使用料から1250円が12ヶ月間割り引かれるため、auでも6円で携帯を持つことができるようになったのだ。結果、auのシンプルコースで本体0円機種を契約してしまった。家族は全員auかつ周りにSoftbankな人が意外と少ないことが判明したため、これでSoftbankを利用し続ける意味がなくなってしまい、結果的に923SHが不良債権と化してしまったのだ。あと二年近く、必要のない携帯に月々3780円も払い続けなければならない。契約時にヤマダのポイントが付いたのでそれらと相殺すれば、端末代は若干安くなるものの、一括で支払うにはあまりにも大きな金額が残っているため、今すぐ解約するのは無理。つまり、必要なくとも二年間は持ち続けなければならない羽目に陥ってしまった。

ああ、端末をオークションで売っぱらうしかないかな。

それと、SoftbankのY!ボタンを押しただけで課金される詐欺のような企業姿勢に完全にうんざりしたこともSoftbankが嫌になった理由であることは記しておかねばなるまい。(※ユーザーからの激しい抵抗を受け、現在は撤回したそうです。)

広告を非表示にする