物価上昇


スポンサーリンク

震災から二ヶ月が経ち、じわじわと物価が上昇している。特に顕著なのが311以前は激安を売りにしていたチェーン店だ。熾烈な価格競争の先陣を切っていたはずの店が、いつの間にか大手スーパーなどよりも物価が上昇している。そうした店は基本的にメーカーの余剰在庫で成立しているところがあるので仕方がないとは思うが、そうした余裕のなさが今の日本の状況を表しているのだろう。こうして物価が上昇すれば日本経済は真綿で首を締められるように死んでいく。企業が日本から逃げ出していく動きに歯止めがかからないのも仕方がないことなのかもしれない。

広告を非表示にする