バレンタインなんていらねえよ、冬


スポンサーリンク

最近、「バレンタインデーにチョコレートを贈る必要はない。義理チョコなら尚のこと。」と思っている女性も増えてきたように思う。そうすると誰がこのお菓子業界の陰謀とまで言われ忌避されている悪習を支持しているのだろう。社会人に限って言えば、男性・女性どちらもバレンタインデー反対派の方が賛成派を上回っているように感じるのでそろそろお菓子業界は恵方巻きに敗北宣言を出す時だろう。

それでは「チョコレートジャンキー」のお話。(そういうタイトルの日記が昔あったのです。)

スーパー、デパートなど至る所でバレンタインチョコレートの特設会場が出来ている。ぼくはそもそもチョコレートが好きなので、そうした光景を眺めるだけでワクワクしてしまう。しかし特設会場では絶対に買わない。だって割高だから。

特設会場ではバレンタイン用に作られたチョコレートが並んでいる。女性は当然のように大枚をはたいて特別に作られたチョコレートを男性に贈るわけだが、果たして男性はその「特別なチョコレート」を覚えているものだろうか?(ゴディバかよ・・・、と心の中で有名だけど大して美味しくもないチョコレートをののしることはできるだろう。)

結局の所、特設会場の高価なバレンタインチョコレートは、女性が高いチョコレートを買ってそれを意中の男性へ贈る、という自己満足を満たすためにあると言っても過言ではない。おそらく、選ぶ過程が一番楽しい、と思っている女性も多いはずだ。

もはや男性にも女性にも支持されないなら、「バレンタインなんていらねえよ、冬」を書こうと思っていたのですが、特設会場の高価なバレンタインチョコレート批判になってしまいました。

ぼくは新宿伊勢丹っ子なので、ジャン=ポール・エヴァンホットチョコレートでも飲みながら、楽しい時間を過ごしたいです。

広告を非表示にする