『夜行観覧車』 感想 比奈子の白いコートジャケットダサ過ぎ!


スポンサーリンク

夜行観覧車 Blu-ray BOX

夜行観覧車 Blu-ray BOX



とりあえず、


比奈子が着てる白いコートジャケットダサ過ぎワロタ!!


評判が良かったので見始めたらこれがなかなか。ただこういうドラマでうんざりするのは、いじめられている側がずーっとやられっぱなしなこと。最近はご近所トラブルやいじめなんかも大きな問題に発展することが多いので、こうしたドラマの中でどう対処すれば良いかを描くべきなんじゃないかと思ったり。


全てがステレオタイプな展開なのでリアリティは感じない。昭和のドラマか、と思えるくらい古い点がどうしようもない。例えば反抗期でえばりくさる娘を母親がぼこぼこにしたりすればいいのに、とか。あと、いじめられてるのに健気に学校へ行って作り笑いで耐えるんじゃなくて引きこもりになるとか不良になって相手をぼこぼこにするとかの展開ならまだマシ。あ、ぼこぼこ多いな。でもそういう方がカタルシス感じるし面白いと思う。


高橋比奈子役の宮崎香蓮ってビミョーなんだけどオスカーだしあの変な台詞の言い回しで起用されてるのかな。xxxHolicの時よりなんかぷっくりしてるし。はっきり言って、遠藤彩花役の杉咲花の方が演技が上手い。あと、いじめっこリーダー役の吉田里琴がなんか可愛くなくなってるのと良幸の彼女役がキチガイ過ぎ。


第七話まで。杉咲花、例え演技とは言えこんな役演じさせられたら壊れちゃうんじゃないか?子役という職業は限りなく児童虐待に近い面もあると思う。かつて人気子役だったひとたちの末路を見せられると、よけい子役の過酷さが浮き彫りになるような気がする。

広告を非表示にする