読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『二十五の瞳』 感想 文章は読みやすいけど陰謀史観はノーサンキュー!


スポンサーリンク

二十五の瞳

二十五の瞳

 

★★★

小豆島を舞台にした短編小説集。

 

序章、終章は著者の離婚体験のようなものが書かれている。

 

この本のタイトルにもなっている短編「二十五の瞳」はまあまあ良かったものの、第一章などは陰謀史観そのものが書かれているため読むに耐えない。正直、このまま読み進めるのを止めてしまおうかと思ったくらい酷いものだった。 それでも文章の読みやすさも手伝い、ほんの数時間で完読した。

 

二十五の瞳

二十五の瞳

 

 

広告を非表示にする