読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千と千尋の神隠し 感想 まるで宮﨑駿監督に説教されているかのような・・・


スポンサーリンク

 

【早期購入特典あり】千と千尋の神隠し(「レッドタートル ある島の物語」公開記念 オリジナルトートバッグ付) [Blu-ray]

【早期購入特典あり】千と千尋の神隠し(「レッドタートル ある島の物語」公開記念 オリジナルトートバッグ付) [Blu-ray]

 

宮崎駿作品は、日本人が失ってしまった心、というものを思い出させてくれるという点で、年に一回は是非観ておくべきでしょう。ということで、前評判が非常に高く、そして実際に鑑賞された方々の評価も概ね良いものでしたので、Jurassic Park III終了10分後の回をはしごしてみました。

 

今作は確かに良い仕上がりですが、いささか教育的な内容になっていて、何だか宮崎駿氏の説教を聞いているような気がしてしまい、純粋に楽しむことはできませんでした。映画というのは、観客が観て感じて自由に考えるものであり、監督の考えを押し付けるものではないと僕は思います。説教臭い「千と千尋の神隠し」に比べて、ストレート勝負の「もののけ姫」の方が単純に楽しめるような気がしました。

 


2001年/日本映画/125mins
監督/脚本:宮崎駿
音楽:久石譲
出演:[声]柊瑠美内藤剛志沢口靖子夏木マリ入野自由菅原文太小野武彦

 

 

広告を非表示にする