読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

説明過多でつまらなくなってしまった高齢者向けのシーズン12が全く面白くないので、『相棒』ベストテンを決めよう その3


スポンサーリンク

 


『相棒』 至高の10本選出!!仮 the best of the best of the best - NAVER まとめ

 

さあ第三回目です。

 

前回、確定したのがこれら五本です。(順不同。対になっている二本は一本として数える。)

 

相棒8 第17話 「怪しい隣人」 No.152

相棒 ten 第14話「悪友」 No.187

 

相棒5 第10話「名探偵登場」 No.086

相棒 ten 第11話「名探偵再登場」 No.184

 

相棒 第4話「下着泥棒と生きていた死体」 No.007

 

相棒 (Season1) エピソードまとめ

 

さて、今回は

 

相棒5 第9話「殺人ワインセラー」 No.085

 

です。

 

佐野史郎がまた良い味を出している「神の雫」回です。

 

86年のパルトネールを飲み、その感想を言葉を駆使して説明しようとするのですが、再びテイスティングし、「美味しい」と一言。もうこのシーンを見るためにすべてがあった、と言っても過言ではありません。

 

そうそう、煙草吸いの亀山が、なぜか神の舌を持っている、という不思議な設定には笑いますが、これもシリーズ通して何度か出てくる設定なので押さえておくと良いでしょう。

 

相棒シリーズは、初期の頃の作品の方が面白いのですが、亀山相棒シリーズではシーズン4、シーズン5にも良い作品が転がっています。

 

ということで、亀山相棒ベストテンと神戸相棒ベストテンと、ベストテンを分ける必要があるかもしれません。もちろん、超つまらないシリーズで相棒の黒歴史と言えるカイト相棒ベストテンはありません。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする