相棒 Season13 第15話「鮎川教授最後の授業」 第16話「鮎川教授最後の授業・解決編」


スポンサーリンク

相棒season13 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]

相棒season13 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]

 

安心の輿水・和泉コンビ

あれ、久々に面白いなー、と思ったら、脚本:輿水泰弘&監督:和泉聖治コンビでした。

仲間由紀恵の相棒は物足りなくもあるけど悪くはなかった。しかしカイトがいないだけでこうも面白くなるのか、と卒業を改めて祝いたい。

さて、実は父親でした、実は娘でした、ってのはSeason3 第4話 女優〜前編〜・
第5話 女優〜後編〜でもやってまして、さらにその基となるエピソードはベラドンナ*1でしょうね。で、ああそうか同じ俳優*2が出ているのはそれが理由かと相棒初期作品が好きなファンにはたまらないエピソードに仕上がってました。

親殺し、というテーマ

初期の相棒では、親殺し、が重要なテーマになっていました。ほら、シリアルキラー浅倉もそうだったでしょ?だから本来はこうしたエピソードが1シーズンに一本くらいはないとダメなんですけど、最近は高齢者向けのわかりやすいぬるい脚本が増えてますからなかなか厳しいでしょうね。しかも、カイトが反目しあう父と和解する、なんてどこの『美味しんぼ』だよ、とがっかりしちゃいます。カイトもカイトパパも仲良く退場、ということで、まあめでたし、めでたし、というところでしょう。

仲間由紀恵の相棒確定か!?

しかしラストシーンがまさかの仲間由紀恵との2ショットで終わるとか、どう考えても次期相棒でしょこれは。と、期待だけしておきます。ぼくは『TRICK』育ちなので、しっかりした仲間由紀恵ってあんまり好きじゃないんですけどね。やっぱり山田のように愛嬌がないとなー。右京さんにツッコミ入れまくる、山田としての相棒を仲間由紀恵には期待したい、とでも言っときましょか。

 

 

 

 

*1:Season2 第1話「ロンドンからの帰還~ベラドンナの赤い罠」・第2話「特命係復活」

*2:清水紘治

広告を非表示にする