読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トップが逮捕された会社のスマートフォンを使う、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の公安警察官()


スポンサーリンク

 

BORDER Blu-ray BOX

BORDER Blu-ray BOX

 

 

現在の日本ドラマ・映画界を代表する本格派俳優2人が民放連続ドラマ初共演!直木賞作家・金城一紀が手掛ける骨太なアクションエンターテインメント!


国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう、
規格外の男たちの活躍を描く!

 

テロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイ…


相手は想像をはるかに超える脅威ばかり。


刻々とタイムリミットが迫る中、驚がくの展開が息つく暇もなく繰り広げられる!

 

善と悪が入り乱れる中で押し寄せる危機的状況! それぞれの正義と苦悩が交錯した先に、 彼らを待ち受けているのは?

 

小栗旬とか、ほんとどうでもいいんだけど、西島秀俊W主演、さらに『BORDER』の金城一紀氏原案・脚本ということで観ることにした。

 

小栗旬が戦闘シーンでかくかく首ふったり手招きでかかってこいよするくそみたいな演出はほんとイラナイわー。

 

#1


ターゲットは、親の権力に守られ、罪を免れてきた政治家の息子!
公安機動捜査隊特捜班が、次々に起きる規格外の凶悪事件に立ち向かう!

自衛隊員の稲見朗(小栗 旬)と、元公安の捜査員・田丸三郎(西島秀俊)が所属する公安機動捜査隊特捜班は、警察庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)直轄の秘密部隊。
常識では計れない事件に脅かされる現代で、各分野のスペシャリスト5人が集結し、国家に危機をもたらす政治的事件やテロを秘密裏に捜査し、解決を図る。

ある日、高層ビルが立ち並ぶ広場に、首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が現れ、辺りは騒然となる。
現職の外務大臣の息子である圭介は、これまで薬物や傷害など数々の罪を犯してきたが、親の権力によって逮捕を免れてきた、いわくつきの人物。
犯人は、息子の罪を隠ぺいした外務大臣に、夜のニュース番組での公開謝罪を要求。さもなければ、公衆の面前で圭介を処刑するという。

鍛治からの指令を受けて、現場に急行した稲見や田丸、樫井勇輔(野間口徹)、大山玲新木優子)ら特殊班のメンバー。
親の加護のもと、やりたい放題の圭介に反感を抱きつつも、班長・吉永三成(田中哲司)の指示で実行犯の逮捕に向けて動き出す。

イムリミットが刻々と迫るなか、稲見と田丸は事件の鍵を握る人物に接触。そこで、ある驚きの事実を知ることに。
さらに稲見は犯行現場に関して“ある疑問”を抱いて――。

 

1話、面白かったけどあまりにも犯人がしょぼいので、裏に組織的な犯罪組織でもいねえのかよ、と思ってたら、ちゃんと見えない敵が存在しててさすが金城脚本だった。

 

ところが最後に関係筋からの圧力で事件がもみ消されてしまうとか、いまのネット社会でありえねー、と。まあ一応、平成維新軍が警視庁のHPハックして、犯行声明出してたけど、最初にあのバカ息子が爆弾つけて登場した時点で、全世界にあの映像が拡散されるはずだし、犯行声明もネット経由で出すはずなので、このドラマのネット描写には期待できないことがわかってしまった。

 

西島が道路から眺める家の窓から石田ゆり子が出てきて、おやおやこれはどこのMOZUですか、と。

 

キャラクターが逆

チャラい男を西島秀俊にして、硬派な方を小栗旬が演じてたら100点だったかもしれない。

 

西島秀俊が、煙草は吸いまくらないけど、MOZUの倉木そのまんまだったので意外性がなかった。

 

小栗旬がBARで女を口説くシーンもいらねー。

 

公安警察なのに使ってるスマフォがGalaxyとか、日本ではありえないから!!!

まあ、見出しそのまんまですけど、日本の公安警察で働いてる人が、なんでわざわざ韓国謹製、しかも最近トップが逮捕されたような企業のスマートフォン使ってるんですか?

 

これまで何度もやらかしてる、韓国推しのウジテレビなので、このドラマも危なそう・・・。

 

 

広告を非表示にする