ソフトバンク並の改悪をし続けるセブンイレブンはマクドナルドの夢を見るか?


スポンサーリンク

docomo iPhone SE 16GB ローズゴールド 白ロム

docomo iPhone SE 16GB ローズゴールド 白ロム

 

セブンイレブン、と言えばリニューアルという名の商品改悪に余念がない。ネットで調べれば、密やかに商品の質を下げ、量を減らし、とまるでマクドナルドのように効率化ばかり追求している様子がわかる。

 

以前はセブンカフェにハマっていたものの、改悪されてからはセブンイレブンをほとんど利用していない。ローソンが100円コーヒーを初めてからはさらに利用頻度は減った。

 

で、最近よくローソンでパンを買うので気づいたのだが、セブンイレブンのパンが劇的に小さくなっている。ローソンと比べ、半分のサイズしかないものまである。ああパン買うの忘れた、とセブンに寄って買おうと棚を見渡すも、こんな小さいパンに180円とか出したくないわ、といつも断念することでようやくこの改悪について書こうと思った。

 

そこでネットを調べてみると、セブンイレブンでは様々な商品が日常的に改悪されているという。サイズを半分以下にし売れなくなったから元に戻す、という改悪の試行錯誤さえ行われているようだ。

 

コンビニ王者の立場を悪用し、リニューアルという名の改悪を続けるセブンイレブンでは商品を何一つ買わず、便利な銀行ATMの支店として利用するだけにする。

 

いじょ。

 

あ、マクドナルド関係なくなっちゃった・・・。

 

広告を非表示にする