OCNの格安SIM(MVNO)が4月から月額基本料を値下げし、通信容量をアップするそうですが、解約することにしました


スポンサーリンク

ご利用料金とコースのご案内 | OCN モバイル ONE

 

現在月々980円で1日30MBまでLTE通信できるOCN モバイルONEが、来月から972円に値下げし、1日50MBまで通信容量が増えるそうです。しかしつい先日、月額1940円で7G、テザリング込みのsoftbank契約を追加したので、解約することにしました。ちなみにOCNの格安SIM(MVNO)では、LTE(150Mbps)回線、月2Gまでのコースが1566円なので、明らかにSoftbank契約の方がお得です。

 

で、こんな記事を思い出しました。

 

ニュース - MVNO普及を妨げているのは高額キャッシュバック? 白熱したMVNO2.0フォーラム:ITpro

 

定期的にMNPを繰り返し回線を上手く運用している人たちからすると、格安SIM(MVNO)に毎月980円出すくらいだったら、一括0円+高額キャッシュバックのある大手三社と契約する方がオイシイんですよね。特に今月中旬までの超大型キャッシュバック案件には家族4人で40万とかもありましたし、そういうのを店頭で見てしまったら、先ず格安SIMを使おうという選択肢は思いつかないでしょう。

 

また、格安SIMは、基本的にSIMフリー端末を持っていないと使えないし、そもそもSIMフリーを理解していない人には手を出しにくいように思います。いわゆるめんどくさい病がここでも格安SIMの普及を妨げるのです。

 

それに大手三社と比べて格安SIMは確かに安いけど、その代わり制限も多いので、予備のスマフォを持っている人くらいにしかほとんど意味はありません。おそらくMVNO利用者の多くが、メイン端末は大手三社と契約し、二台目に格安SIMを入れて使っているのではないでしょうか。

 

普及の鍵は、海外のように空港で買って端末に差し込めばすぐに使えるようにすること、つまり契約を簡便にすること、くらいしか思いつきません。オリンピックまでに規制を緩和し、海外旅行者にもう少し便利なMVNOが登場することを期待しています。

 

とりあえず、いくらCMを打っても、現状ではMVNOが一般に普及する素地はほぼありません、とでもいっときましょか。

 

いじょ。

 

あ、OCN解約はめんどいのでまた後で。

 

追記:ちなみに格安SIMを利用した感想は、下記リンク先にて書いてある通りで、ほとんど変わっていません。1日30MBから50MBに変わっても、すぐに50MBには到達してしまうと思うので、ツイッターやメールなどを利用するには十分ですがニュースアプリなどを起動させたらほぼ一発でアウトです。MVNOは、ほんとに予備でしかありません。

 

合わせて読みなっせ→docomo LTE

 

 

広告を非表示にする