SoftbankのiPhone5 16GBを下取りに出し、MNPでauのiPhone6 16GBを従来のLTEプラン+LTEフラットで契約すると、月々の料金は3,787円となります。


スポンサーリンク

結論

SoftbankiPhone5 16GBを下取りに出し、MNPauiPhone6 16GB、従来のLTEプラン+LTEフラットへ変えると、月々の料金は、

 

3,787円、

 

となります。

 

 

Martin uit Utrecht / Foter / CC BY-NC-ND

 

iPhone6を契約した場合月々の料金はいくらになるのか?、という疑問を覚え、ネットサーフィンして情報を漁っていたのですが、料金表を貼り付けただけで、きちんと説明していないブログばっかりなのでうんざりしました。

 

今回調べたようなケースで月々いくらなのか、という情報の方が有用だと思うんですけど・・・。

序:au iPhone6 16GBの本体価格は、72,360円です。

実質負担0円というのは携帯キャリアのまやかしであり、ごまかしです。au iPhone6 16GBを選択したみなさん、先ずは24回分割(二年間)もしくは一括で端末代金72,360円を支払う、という事実を受け入れてください。

 

 

au iPhone6 16GBの料金説明

LTEプラン契約に必要な基本料金の合計は月々6,934円

1.LTEプランの基本料金は、誰でも割を契約して、月々934円です。

 

2.インターネットに接続するために、LTE NETというサービスに加入しなければなりません。これが月々300円かかります。

 

この段階の合計金額は、

 

934円+300円=1,234円です。

 

3.パケット通信料定額サービスに加入します。これが、月々5700円かかります。(※加入しないと、パケ死と呼ばれる状況に陥りますので必ず加入してください。)

 

934円+300円+5,700円=6,934円です。

 

ここまでが基本料金です。

auスマートバリューの割引で月々料金が5,524円に!

4.auひかりに加入しているので、auスマートバリューの割引が、月々-1,410円あります。

 

934+300円+5700円-1,410円5,524円です。

 

 

auにかえる割Plusという割引サービスの恩恵で月々料金が4,590円に!

5.今回はMNPによるSoftbankからの乗り換え契約となりますので、auにかえる割Plusという割引サービスの恩恵が受けられます。これが、月々-934円あります。つまり、LTEプランの基本料金934円と相殺になります。

 

934+300円+5700円-1410円=5524円-934円4,590円

 

 

 

この4,590円に消費税8%を加え、月々料金は4,957円に変わります。

 

つまり、iPhone6 16GBの本体代金72,360円月々4,957円×24ヶ月(二年間)の支払いがここまでの合計金額となります。

iPhone6 16GBの本体代金72,360円は月々3,015円の24回払い

ここで基本料金に本体分割代金を含めた月々の合計金額をどうぞ。

 

934+300円+5,700円-1,410円=5,524円ー934円=4,590円+消費税8%=4,957円+3,015円7,972円

 

iPhone 6 16GBの本体代金と月々の料金を足すと、合計7,972円となります。

LTEフラット加入で毎月割の恩恵が受けられ、月々3015円の割引!

6.端末の実質負担金を0円にしますよ、というまやかしサービスを各社提供しています。端末代金は基本料金やパケット通信料に含まれ、結局は支払わされるので、まやかし、ごまかしと言って良いでしょう。今回契約するauでは毎月割という割引サービスが、LTEフラット加入者は受けられます。MNPによるiPhone6 16GBの毎月割は、月々-3,015円となっています。これが月々の利用料金から差し引かれます。

 

結果、

 

934+300円+5,700円-1,410円=5,524円ー934円=4,590円+消費税8%=4,957円+3,015円=7,972円-3,015円4,957円

 

ここで、月々の料金は再び4,957円に戻りました。しかしこれはあくまでも24ヶ月間使い続けた場合です。途中で解約すれば、当然端末料金の残債は残ります。いわゆる二年縛りというやつですね。

 

 

auにかえる割 Plus下取りキャンペーン その1(①auスマホの本体価格から割引)適用で本体価格が58,320円となり、月々の料金が4,372円に!

7.Softbank iPhone5 16GBを下取りに出すと、auにかえる割 Plus下取りキャンペーン その1(①auスマホの本体価格から割引)が適用され、au iPhone6 16GBの本体代金が72,360円から14,040円割引され、58,320円となります。

 

結果、月々3,015円の機種代金が2,430円、つまり月々585円円安くなります。

 

4,957円-585円4,372円

auにかえる割 Plus下取りキャンペーン その2(②au WALLETカードチャージ分)適用で月々の料金が3,787円に!

8.auにかえる割 Plus下取りキャンペーン その2(②au WALLETカードチャージ分)の適用により、14,040円au WALLETに還元(キャッシュバックと同様)されます。

 

この還元分14,040円を24ヶ月分と考えると、さらに月々585円円安くなります。

 

結果、4,372円-585円=3,787円となります。

 

 

 

ここでもう一度すべての計算式をご覧ください。

 

934+300円+5,700円-1,410円=5,524円ー934円=4,590円+消費税8%=4,957円+3,015円=7,972円-3,015円=4,957円ー585円=4,372円-585円3,787円

再度結論

SoftbankiPhone5 16GBを下取りに出し、MNPauiPhone6 16GB、従来のLTEプラン+LTEフラットへ変えると、月々の料金は、

 

3,787円、

 

となります。

 

 

 

注意事項:Softbank MNP転出料金2,000円(税抜き)+au 新規契約事務手数料3,000円(税抜き)が必要です。

 

 

 

※これはある意味、カッとなって書いた記事ですので、誤りがあるかもしれません。もしあったらお知らせください。ツイッターで。

 

 

 

広告を非表示にする