『探偵はBARにいる』 感想 また高嶋政伸がワンパターンな悪役やってるよ・・・


スポンサーリンク

探偵はBARにいる

探偵はBARにいる

札幌・ススキノ。探偵はいつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から 電話がかかる。探偵は簡単な依頼だと思い引き受けたが、その直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しの目に遭ってしまう。そこに再び“コンドウキョウコ”か ら電話が…。その依頼を渋々こなし、自力での報復に動き出した探偵と高田は、次第に事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる、沙織という謎の美女 と大物実業家・霧島の存在。そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかる…原作:東直己 ススキノ探偵シリーズ「バーにかかってきた電話」(ハヤカワ文庫)

 

 

相棒スタッフが参加しているということで少しは期待したけど、案の定わざわざ映画にする必要のないものだった。

 

こういう映画が制作されるのは本来は喜ばしいことなんだけど、徹底的にセンスがないので見ていて痛々しいし、古き良き東映映画の余韻にいつまで浸ってるんだよ、と言いたくなるほどの懐古主義に支配されていた。

 

大泉洋の需要なんて一体どこにあるんだよ、と思っていたら、北海道ではやはり大スターのようで都内よりも動員数が多かったとか何とか。

 

とまれ、せっかく松田龍平を相方として起用してるんだから、主役にすれば良かったのに、と思ったり。

 

大泉洋みたいな三枚目がかっこつけても、「かっこつけやがって」としか思えないし、悲しいかな大泉洋はどんな役でも大泉洋なんだよね。一方、松田龍平のような二枚目が三枚目をやるとそのギャップでキャラクターの魅力が増すはずだし、探偵と言えば「松田優作」ですから、やっぱりこの映画の主役は松田龍平の方が良かったです。

 

それと悪役に魅力がない。高嶋政伸とかもういいからキレた演技のできる若手俳優起用してやれよ、と。新井浩文とかさ。