読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で1985年からドクとマーティとジェニファーがやってきた日

thought 銀幕

スポンサーリンク

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (字幕版)

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (字幕版)

 

バック・トゥ・ザ・フューチャーは大好きなんだけど、パート2、3は微妙です。どうも、ぼくです。

 

いや、三部作、面白いですよ。

 

でも、2、3には不満点があるのです。

 

先ず、ジェニファー役の交代。ジェニファーが可愛くないんですよ、2&3は。

 

そして、2ではマイケル・J・フォックスが、マーティの娘まで演じてるやり過ぎなところ。しかもそれがすごい下手な演技なので最悪でした。

 

3は、ドクが惚れてしまう学校の先生の演技が酷かった。あんな酷い演技に加えて、ドクへの色目の使い方が最悪だったように思います。

 

ざっと上げただけですが、バック・トゥ・ザ・フューチャーに出てくる女性は基本的に酷い、ということを言いたいだけでした。

 

だってBTTFってバディムーヴィーなんですよ。女性の入ってくる余地がないんですよ、本来は。それなのに、3ではほんと余計なロマンス入れてすべて台無しにするつもりか、とすら思いましたね。最後に機関車をタイムマシンに変えて戻ってくるのもあまり良いエンディングとは思いませんでしたし。

 

というわけで、BTTFは完璧だけど、2&3はある意味蛇足です。

 

いじょ。

 

※プライム会員の方は『』シーズン1を¥0でご覧いただけます

 

広告を非表示にする