読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『僕だけがいない街』の大きな問題点


スポンサーリンク

土屋太鳳が出ちゃってんだよなー。

本職の声優っていかに自分を出さないか、ということに腐心しているからこそ、プロなんだけど、俳優さんて自分を出さないと始まらない職業だから、その辺のズレがまるで理解できていないような気がする。

土屋太鳳を起用したことはけして悪いことではないと思うけど、それなら声優としての演技指導をきっちりしてくれよ、と思わずにはいられない。

 

第二話では、雛月加代役の悠木碧土屋太鳳を圧倒してて、俳優声優を起用したことの問題点が露呈する。アマチュア使うなら周りはアマチュアで固めとけよ、と。

 

ストーリーは面白いけど、声優がダメなのでしばしば醒めてしまうのも難点かな。

 

 

広告を非表示にする