にゃんこスター

 

キング・オブ・コントもTHE MANZAIM-1も、毎年技術の向上はあれど、爆発的な面白さがなくなり、新鮮味もないので全く見なくなった。

 

しかし、今年はにゃんこスターが各方面でいろいろ話題だったのでにゃんこスターだけ見ることにした。

 

一本目は確かにコントの定義をくつがえすほどのインパクトがあり、リズムネタとしても完成度が非常に高く、とても面白かった。

 

しかし、こうしたぽっと出の一発屋にはよくあることだが、にゃんこスターも案の定二本目を用意していないという致命的なミスを侵してしまった。結果、決勝でも同じリズムネタしかできず、審査員たちからかなり甘い点数をもらったにも関わらず、優勝を逃すこととなった。

 

もしにゃんこスターが二本目に、サンドウィッチマンキングオブコメディレベルの、普通のネタを用意できていたら、きっと優勝だったろう。

 

よく言うことだが、ピカソ抽象絵画だけでなく具象絵画においても天才的だった、ということに尽きる。

 

キング・オブ・コントの結果は、にゃんこスターが単なる一発屋で終わる可能性を暗示したにすぎない。

 

キング オブ コント 2010 [DVD]

キング オブ コント 2010 [DVD]

 

 

 

 

広告を非表示にする

Amazonレビューで大絶賛のiPhone6ケース&ガラスフィルムセットを買ってみたけど、100円ショップのと変わらないので星5つおかしくね?

 

 これ。

 

 

先日画面を交換して復活したiPhone6

 

格安パネルだからまあ100円ショップでいいや、と思って100円ショップのガラスフィルムをつけていたんだが、Amazonのギフト券が余っていたので、安くて評価の高いケースとガラスフィルムのセットを買ってみた。

 

で、早速届いたのでケースをつけかえてみたけど、100円ショップのケースとの違いがほとんどない。

 

ガラスフィルムは二枚入っていたので良かったけど、3Dじゃないからこれまた100円ショップのガラスフィルムと変わらない。

 

でも、Amazonのレビューでは120のうち119が5つ星をつけてる。

 

怪しい。

 

ただ中国人が翻訳ソフトを使って適当につけたレビューと違って、日本語はちゃんとしてるし、丁寧なレビュワーも多い。

 

で、iPhone6 HDクリアのレビューだけを表示させようと絞り込んでみたら、なんとレビューはゼロ。すべてiPhone7のレビューという事実が判明。

 

そこで内容を詳しく確認してみると、マイナス点に言及しながら5つ星をつけてるレビュワーがいたり、明らかにマイナスと思われるレビューに言及してる人がいるのに、それが存在していなかったりする。さらに確認すると、2017年1月以前のレビューはすべて消去されていることがわかる。

 

以前Amazonがインセンティブ付きレビューの削除を実行した影響もあるようだが、いまだインセンティブ付きレビューの存在を疑わざるを得ないような、レビューも多く見受けられるので、レビュー評価を盲信するのはダメ、ゼッタイ!!

 

まあ324円だったらわたしも大絶賛したでしょうけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする