読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Googleフォトはバックアップをバックアップする場所として利用するのが最適である

net

スポンサーリンク

f:id:cosmosp:20151218182233p:plain

PC歴の長いみなさんであれば、写真のバックアップは二重三重にとってあることと思います。

 

ちなみに僕はMacとWinの両刀使いですので、重要な写真はMacに取り込んでからバックアップをWinで作成する、という作業工程を取っております。しかしこれではまだ不十分なので、出来る限りクラウド・オンラインストレージへバックアップのバックアップを作成するようにしていました。特にあまり重要でない写真をバックアップする場所として、いままでにいくつものクラウド・オンラインストレージサービスを利用し重宝してきました。しかし、大容量や無制限を謳ったサービスはどれもこれも短命で終わり、その度に改めてバックアップをオンラインに上げる作業を繰り返す羽目に陥ったのは言うまでもありません。

 

先日、MicrosoftのOneDriveが容量無制限を撤回し、15GB無料を5GB無料へ改悪しました。日頃、OneDriveをメイン利用していたので、さすがにこの時はショックでした。あのマイクロソフトまでもが・・・、と。

 

OneDriveの改悪により、もはやクラウドやオンラインストレージはバックアップを取る場所としては信用に足るものではない、とぼくは結論づけました。そこで、重要な写真は当然ですが、さして重要でない写真もHDDにバックアップを取るように決めました。

 

でわ、バックアップをバックアップする場所はどうしよう、と考え、クラウドやオンラインストレージの比較検討に入ったのです。

 

OneDriveは15GBまで無料という改善策を出してきましたが、写真専用ではなく、データクラウドとしての場所であるため、あまり使い勝手はよくありません。

 

次に検討したのが、Flickrでした。1TBまで無料で使えるというのがすごく魅力だったのです。しかし・・・。しばらく利用していない間に、Google+でのログインを排除し、Yahoo!アカウントが必須となってしまいました。しかもそのアカウントを作成するには、携帯電話の番号が必須です。もうここで諦めました。1TBの見返りに、携帯電話番号まで譲り渡すわけにはいかないからです。さらに不安なのは、米国Yahoo!の身売り情報です。日本とは違ってあまり成功しているようには見えないYahoo!がいつどんな企業の傘下になってしまうのかわかりません。それを考えると、サービスのケイゾクにも一抹の不安を覚えます。という理由で、Flickrは却下。※ただ以前取得したアカウントが利用できるみたいなので、それでしばらく試してみます。

 

OneDriveもダメ、Flickrもダメとなると、もはや残るはGoogleしかありません。しかし、権利問題やプライバシー問題でよく批判されているGoogle a.k.a. Evilの軍門へと下るのは不安でした。サービス開始時には、あれだけ利用していたGmailも数年は使っていないくらいですから、ぼくのGoogleに対する嫌悪感は筋金いりです。

しかし背に腹は代えられない。しかもGoogleフォトなら無制限で保存できるというではありませんか。Googleに魂を売り渡してでも、利用せざるを得ませんでした。

そして、ついにGoogleの軍門へと下ったのです。

数ヶ月前から、当り障りのない写真をGoogleフォトに上げ、その使い勝手を試してきました。結論としては、iPhoneの写真をバックアップするのに至極便利、むしろ写真をバックアップするのにGoogleフォトを利用しない理由がありませんでした。特に気に入ったのは、iPhoneから写真を削除すればiPhoneの容量が増える点でしょう。iPhoneの容量を圧迫するのはいつも写真か動画なので、この機能は素晴らし過ぎました。

2015年のベストアプリを上げるとしたら、Googleフォト、と言っても過言ではありません。それくらい利用するようになっています。

 

しかしながら、Googleフォトではオリジナルの写真を保管できません。あくまでも圧縮され劣化した写真です。こういうと誤解を招きそうですが、劣化と言っても肉眼で違いを見分けるにはよほど目をこらして見る必要があるくらいの高画質圧縮を採用しているので、一般的な利用には全く問題ないでしょう。特に何十枚、何百枚と気軽に写真が撮れてしまうiPhoneの場合、むしろ高画質で圧縮してくれてGoogleさんに感謝、です。

 

※写真の劣化についてどうしても気になる方は、「Googleフォト 圧縮 劣化」で検索してみてください。多くの方が比較検証の結果を公開しています。総じて、Googleフォトの高画質圧縮半端ねえ、という論調のものが多いので、信用できるかと思います。

 

Googleフォト唯一の欠点は、過去の写真を探しづらい、ということ。Googleフォトの基本が、写真をアップロードしてくれたらこっちでいろいろやってあげるからユーザーは何も考えないでいいよ、というシンプルさを重視しているので、タグ付けなどして自分で分類したい人には使い勝手も悪く、写真を探すにもストレスを感じてしまうかもしれません。

 

とまれ、写真のバックアップをバックアップする場所として、Googleフォトは最強最適です。まだの人はぜひ、ご利用ください。

 

geo.itunes.apple.com

 

 

いじょ。

 

 

広告を非表示にする