”Windows XP” @ヨドバシカメラ


スポンサーリンク

Ben Fredericson (xjrlokix) / Foter.com / CC BY
ビル・ゲイツ様

Windows XP、まさかこんなにいいOSであるとは夢にも思ってませんでした。マック(OS8、OS9)を含め、初めてOSをアップグレードして良かったと思いました。こんな素晴らしいOSを開発して頂き、本当 にありがとうございました。今後も御社のご活躍と発展をお祈りして。←嘘八百。

今まではずっとバンドルされていたWindowsMeを最新=最高のものと思って使って きたのですが、ついにWindowsXPを入れてしまいました。

XPが発表された時は全く興味もなく、まだ一年しか使っていないMeで十分、とアッ プグレードなど一切考えていませんでした。基本的に、OSなんて一つおきくらいに 買えばいいよ、ってな考えがあるので、次のOSがでるまでは買うつもりはなかった のです。

ところが先日、Meの代わりに2000を入れたらOSが安定したという情報を得てすぐさ ま購入を決断してしまいました。というか、その情報を得るまでMeがいかに不安定 なOSであるかを知らなかったのです。

Meの問題点は、複数(といっても2、3つ)のアプリケーションを同時に開いていると、「メモリが不足しています」だの「リソース不足です。」だのといっては、突然アプリが強制終了したり、やたらとフリーズが発生する点でした。長時間使用しているとほぼ100%の確率でそういうエラーが発生していたので、とても快適とは言いがたい 環境にあったのです。

そこで、メモリを64MB(標準搭載)から320MB(256MBのバルクメモリ(約9000円くらいを追加。))に増設してみたのです。しかし、320MBに増設しても、状況の改善 は全く見られず。特に酷かったのが、Adobe PageMill3.0Jでした。このソフトを起動 してすぐに、リソース&メモリ不足が発生、ページを開くことすらできないことも多々あり、サイト作成に支障をきたすほどでした。雑誌を読んで、リソース不足解消のための手段を講じてみたり(常駐ソフトをオフにしたり)、アプリのアンインストールを実行したりといろいろ試してみたものの、まだメモリが足りねぇとか言ってアプリが開けないことも数知れず。正直、Windowsマシンの能力を疑問視することもあったくら いです。

再び、メモリ価格の下落に伴い、256MBのバルクメモリ(2900円)を仕入れ、512MBまで増設。しかし、それでもやっぱり同じようにフリーズしたり、メモリが足りねんだよと、突然強制終了されたりしてたので、もうどうでもいいや、と諦めの境地に達していました。サイト作成ソフトもIBMのホームページ・ビルダーを手に入れ、サイト管理も一応苦もなくこなせるようになっていたので、フリーズしたら再起動でいいや、という気持ちにもなっていたことも事実です。とにかく原因がわからないんだけど、512MBも積んでるんだ、という安心感から、OS自体を疑うことなど想像すらできなかったのです。余りOSの情報を仕入れようと思っていなかったことも、こ の状況を改善できなかった原因のひとつでしょう。

納得のいかないまま使っていたある日、例の情報を耳にしたのです。まるで目から 鱗が落ちたような気持ちで、XPを即座に導入しようと思い立った訳です。

使用感はというと、フリーズもなくなったしメモリが足りねぇ、と言われることもなく、 さらには強制終了もなくなりました。二週間使用してますが全く落ちません。まるで 同じマシンではないかのような安定さに大満足で、快適なPCライフを送っている次 第であります。

最後に、この快適さをもたらしてくれたWindowsXPに感謝したいと思います。以上。

広告を非表示にする