iPhone脱獄は自己満足でしかない?


スポンサーリンク

docomo iPhone SE 16GB ローズゴールド 白ロム

docomo iPhone SE 16GB ローズゴールド 白ロム

さて、脱獄してからiPhoneを頻繁に触るようになったのですが、懐かしさ以外あまり感じなくて困ります。

過去へようこそ!

脱獄iPhoneから、そんな声が聞こえてくるようです。

確かに脱獄して便利にはなったけど、アンドロイドならroot取らなくてもできること多いし、root取ればiPhoneより便利になると思ったら、もうアンドロイドでいいや、という結論が出てしまうんですよね。iPhoneは触っていて確かにしっくりくるんだけど、もう革新性みたいなものを感じることはないんだなあ、と・・・。

それと、iPhone脱獄は単なる自己満足、ってよく言われてるけど、確かにそういう面はある。みんなが持ってるiPhoneを脱獄し画面のテーマを変えて個性を出す、って一体何なんすかね。それが個性なん?まあ、そんなことで個性個性言うのも中二病の一種なんだろうなあ、とか思ったり。

ちなみに、電波のキャリア部分を変更してダークナイト仕様にしてたんだけど、これ何の役に立つんだろ?と思ったらとてもばからしく思えてきたので削除しました。フェイクキャリアも同じく。

まあせっかくなので脱獄して便利な点をいくつか。

マナーモードにするとサイレントカメラとしてシャッター音が消せるの便利。
iOS6.1なのにiOS7の気分を味わえるの便利。
アイコンを縦五列、横五列にできるの便利。
スワイプでカーソル移動できるの便利。
通知センターでアプリキルできるの便利。
広告ブロックできるの便利。
アプリが位置情報教えろゴルァ、って言ってきた時にFakeを選べるの便利。

個人的には3Dプリンターで入れ物作って、その中にiOS入れて動かしたいなあ。

広告を非表示にする